シュワルツェネッガー氏に暴漢 南アで跳び蹴り被害、けがなし

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
アーノルド・シュワルツェネッガー氏(ゲッティ=共同)
アーノルド・シュワルツェネッガー氏(ゲッティ=共同)

 【ナイロビ共同】南アフリカの最大都市ヨハネスブルクで18日、米カリフォルニア州の元知事で映画俳優のアーノルド・シュワルツェネッガー氏(71)がスポーツのイベントに参加中、男に突然、背後から跳び蹴りされた。けがはしなかった。南アメディアが報じた。

 シュワルツェネッガー氏がツイッターに投稿した映像によると、来場者との記念撮影に応じていた際、走ってきた男がジャンプしながら背中を蹴った。男はスタッフに取り押さえられた。

 シュワルツェネッガー氏はツイッターで「何も心配することはない。殺到した人たちに押しのけられただけだと思った」とコメントした。