佐藤琢磨、14位で決勝へ インディ500予選第1日

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
インディカー・シリーズ第6戦、インディ500予選に臨むホンダの佐藤琢磨=18日、インディアナポリス(USA TODAY・ロイター=共同)
インディカー・シリーズ第6戦、インディ500予選に臨むホンダの佐藤琢磨=18日、インディアナポリス(USA TODAY・ロイター=共同)

 【ニューヨーク共同】自動車のインディカー・シリーズ第6戦、伝統のインディアナポリス500マイル(インディ500)は18日、米インディアナポリス・モータースピードウエーで予選第1日が行われ、2017年に日本人ドライバーとして初優勝した佐藤琢磨(ホンダ)は、14位で決勝進出を決めた。19日の予選最終日でポールポジション(PP)を争う上位9台には入れなかった。

 25歳のスペンサー・ピゴット(米国、シボレー)がトップ。F1シリーズ元総合王者のフェルナンド・アロンソ(スペイン、シボレー)は予選通過ラインの30位までに入れず、最終日に最後の3枠を6台で争う。