貴景黒星、再び休場の方向 鶴竜、栃心に土、全勝不在

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
貴景勝(左)がはたき込みで碧山に敗れる=両国国技館
貴景勝(左)がはたき込みで碧山に敗れる=両国国技館

 大相撲夏場所8日目(19日・両国国技館)右膝負傷による休場から再出場の新大関貴景勝は小結碧山にはたき込まれて3敗目(2休)を喫し、再び休場の方向となった。

 一人横綱の鶴竜は玉鷲に押し出され、全勝が止まった。玉鷲は令和初となる金星で3個目。大関復帰を目指す関脇栃ノ心は遠藤の上手出し投げに敗れ、初黒星となった。

 他の2大関は豪栄道が小結御嶽海、高安が隠岐の海を寄り切り、ともに5勝目。関脇逸ノ城は右膝負傷で休場した。

 全勝が消え、1敗は鶴竜と栃ノ心、平幕朝乃山の3人。2敗で阿炎、竜電ら平幕4人が追う。十両は貴源治が8連勝で単独首位をキープ。