勝利の豪首相、国民に謝意 下院過半数獲得予断許さず

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
19日、オーストラリア東部シドニーの教会を訪れ、報道陣の取材に応じるモリソン首相(ロイター=共同)
19日、オーストラリア東部シドニーの教会を訪れ、報道陣の取材に応じるモリソン首相(ロイター=共同)

 【シドニー共同】オーストラリア下院総選挙から一夜明けた19日、与党保守連合(自由党と国民党)を率いて勝利したモリソン首相は「全国各地の国民に感謝する」と述べ、第2次政権発足に向けた意欲を改めて示した。地元メディアが伝えた。

 激戦区では議席が確定しておらず、主に期日前投票分の開票作業が続いている。19日夜(日本時間同)の開票率76・1%時点で、獲得予想議席数は保守連合74、野党労働党65、その他が6。保守連合が定数151の過半数の76議席を獲得できるかどうかは、依然予断を許さない。

 世論調査などでは労働党が優位で、政権交代の可能性が高いとされていた。