華やかな衣装で「花まつり」 美郷、子どもたち町内練り歩く

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
華やかな衣装で町内を歩く子どもたち
華やかな衣装で町内を歩く子どもたち

 釈迦(しゃか)の生誕を祝う「花まつり」が19日、秋田県美郷町六郷で行われ、華やかな衣装に身を包んだ子どもたちが青空の下、町内を練り歩いた。六郷仏教会(宮野剛会長)の主催。

 町内外から園児や児童計28人が参加。高柳真乗寺で化粧を施してもらい、紫のはかまに、女児はピンクの薄衣と冠、男児は緑の薄衣と烏帽子(えぼし)をそれぞれ身に着けて出発した。

(全文 376 文字 / 残り 205 文字)