72羽出陳、美しさ競う 大館市で比内鶏と金八鶏の展覧会

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
容姿の美しさを競った展覧会
容姿の美しさを競った展覧会

 第62回比内鶏・第46回金八鶏(きんぱどり)展覧会が19日、秋田県大館市有浦の北地区コミュニティセンターで開かれた。県内の11人が比内鶏22つがい(44羽)と金八鶏14つがい(28羽)を出陳、容姿の美しさを競った。

 県声良鶏(こえよしどり)比内鶏金八鶏保存会(略称・秋田三鶏保存会、関口宣男会長)の主催。つがいはそれぞれケージに入れられ、関口会長が体形や羽の色、つやなどを審査した。関口会長は「近年になく姿形が良く、活力もある。飼育管理が行き届いていると感じる」と話した。

(全文 673 文字 / 残り 436 文字)