地上イージス「適地」判断撤回を 県民の会、政府に文書

お気に入りに登録

 「ミサイル基地イージス・アショアを考える秋田県民の会」は20日、安倍晋三首相と岩屋毅防衛相宛てに、地上イージスの配備地として秋田市の陸上自衛隊新屋演習場が適地とする判断の撤回を求める文書を提出した。

 文書は、県や秋田市に対して適地調査の結果を報告する前に、新屋演習場が適地と報道されたことについて、「結論を事前に発表するのは軽率だ」と抗議する内容。首相官邸と防衛省にファクスで送信した。

 提出後、県庁で会見した川野辺英昭代表委員(77)=秋田市御野場=は「政府は地元のさまざまな問題を置き去りにし、住民の不安を無視している」と訴えた。

(全文 320 文字 / 残り 52 文字)