丸山穂高氏、議員辞職重ねて否定 戦争発言「憲法逸脱せず」

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
記者団の取材に応じる丸山穂高衆院議員=20日午前、国会
記者団の取材に応じる丸山穂高衆院議員=20日午前、国会

 北方領土を戦争で取り返す是非に言及し、日本維新の会を除名された丸山穂高衆院議員=大阪19区=は20日、野党が提出した議員辞職勧告決議案に関し「発言に対して出すのはゆゆしき事態だ。言論の府が自らの首を絞めかねない。可決されても絶対に辞めるわけにはいかない」と国会内で記者団に語った。自身の発言については「全くもって、憲法の理念を逸脱しているとは考えていない」と強調した。

 丸山氏が取材に応じたのは、14日に維新が除名処分として以降初めて。

 維新がロシア側に謝罪した対応を巡っては「ロシアに誤ったメッセージを送ることになる」と改めて指摘した。