日本遺産、新たに16件認定 東北の「金」や三重の海女文化

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
日本遺産に認定された三重県の「海女(Ama)に出逢えるまち 鳥羽・志摩」のテーマである海女漁(三重県鳥羽市教育委員会提供写真)
日本遺産に認定された三重県の「海女(Ama)に出逢えるまち 鳥羽・志摩」のテーマである海女漁(三重県鳥羽市教育委員会提供写真)

 文化庁は20日、地域の有形・無形の文化財をテーマでまとめ、魅力を発信する「日本遺産」に21道府県の16件を新たに認定した。第5弾の認定で、日本遺産は計83件となった。岩手、宮城両県の金産出の歴史を伝える「みちのくGOLD浪漫」や、三重県の「海女(Ama)に出逢えるまち 鳥羽・志摩」などが新たに加わった。

 日本遺産は、地域活性化や観光振興につなげようと2015年度から毎年認定。東京五輪・パラリンピックがある20年度までに100件程度に増やす。今回、岩手、鹿児島、沖縄3県でも初めて認定され、遺産がないのは東京都のみとなった。

 今回は72件の申請があった。