伝統の舞、幻想的 五城目町の番楽競演会、50周年

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
「熊谷敦盛」を披露する番楽教室の生徒
「熊谷敦盛」を披露する番楽教室の生徒

 秋田県五城目町の番楽競演会が18日夜、五城目神明社境内の神楽殿で開かれた。町内外の3団体が出演し、勇壮な剣舞や五穀豊穣(ほうじょう)を祈る舞など七つの演目を披露。木々の間からおぼろ月がのぞく幻想的な雰囲気の中、130人を超える観衆が伝統の舞に見入った。

 番楽の保存と継承を目的に町が1969年から神明社祭典に合わせて開催しており、50周年の節目を迎えた。今年は町内の山内番楽保存会と、番楽教室に通う児童生徒、三種町の志戸橋番楽保存会が出演した。

(全文 685 文字 / 残り 462 文字)