県立中央公園、きょう再開 クマ出没で一部休業

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ツキノワグマ(資料写真)
ツキノワグマ(資料写真)

 県総合公社はきょう22日、クマの目撃情報を受けて14日から休業していた県立中央公園(秋田市雄和)の一部区域の営業を再開する。最初の目撃情報以降、目撃や痕跡が確認されなかったことから決めた。

 公園近くの県道脇で13日、体長約50センチのクマ3頭が目撃された。同公社は来園者の安全確保のため、14日からフィールドアスレチックやファミリーキャンプ場など5区域を臨時休業にしていた。

(全文 326 文字 / 残り 138 文字)