田舎暮らし体験、日本語学校開設へ 豪企業、小坂町に8月

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
日本語学校が開設される七滝活性化拠点センター。旧七滝小学校を改修し、今年4月に開所した
日本語学校が開設される七滝活性化拠点センター。旧七滝小学校を改修し、今年4月に開所した

 豪州パースに本部を置く語学関連企業「SASUGA GROUP(サスガ・グループ)」が、8月から約1カ月間、小坂町の七滝活性化拠点センターに日本語学校を開設する。世界各国から募った生徒に日本語を指導しながら、地元住民との交流の場を設け「田舎暮らし」を体験してもらう。同社が日本に学校を開設するのは初の取り組みで、将来的には通年での開講を目指している。

 同社は、日本語習得を目的に、訪日する外国人に日本語学校を紹介する事業を展開している。過去に事業を活用した外国人から「もっと日本の文化に触れたい」、「田舎体験をしたい」との意見が寄せられたことから、自前の学校設立を計画した。

(全文 922 文字 / 残り 635 文字)