新技術でブルーベリー栽培、県内初 大仙市の熊谷さん

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ブルーベリーの苗木を植える熊谷さん
ブルーベリーの苗木を植える熊谷さん

 秋田県大仙市太田町の東部新規就農者研修施設の研修生・熊谷凡悟(ひろさと)さん(36)=同市戸蒔=が、ブルーベリーの新しい栽培方法に取り組んでいる。土の代わりに粒状の吸水スポンジを使い、自動装置で肥料と水を供給する「ネオ・アクアフォーム農法」で、早期に安定した収穫ができるのが魅力だ。

 全国でブルーベリーの栽培設備の設置やコンサルティングを行っているアンマズハウス(京都府、安馬幸夫代表)が同農法に必要な設備を販売しており、県内で取り組むのは熊谷さんが初めて。

(全文 602 文字 / 残り 372 文字)