ブラボー中谷、大演芸まつりでトリ 秋田弁で軽妙に

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田弁を交えたマジックで客席の笑いを誘ったブラボー中谷さん(右)
秋田弁を交えたマジックで客席の笑いを誘ったブラボー中谷さん(右)

 秋田県美郷町在住のマジシャン・ブラボー中谷さん(58)がこのほど、東京都千代田区の国立演芸場で行われた「第30回大演芸まつり」(日本演芸家連合主催)に出演した。日本奇術協会から選ばれた8人による公演「ザ・マジック NEW WAVE」のトリを務め、多彩なマジックと軽妙な秋田弁の話芸で客席の笑いを誘った。

 ステージでは、布の中からハトを出すかと思いきや、ハタハタや比内地鶏をかたどった小道具を出して秋田をアピール。紙袋に入れたビール瓶を一瞬でウサギの人形に変えたり、空のどんぶりにちぎったティッシュペーパーと水を入れてラーメンを作ったりして客席を沸かせた。

(全文 523 文字 / 残り 245 文字)