道の駅うご、200万人突破 累計売上9億8300万円

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
記念のくす玉を割る佐々木洋子さん
記念のくす玉を割る佐々木洋子さん

 秋田県羽後町西馬音内の「道の駅うご 端縫いの郷」の累計利用者数が22日、200万人を突破した。200万人目となった同町赤袴の主婦佐々木洋子さん(67)が、小坂圭助駅長や安藤豊町長らとともに記念のくす玉を割った。

 佐々木さんは中学校の体育祭で孫を応援する合間、昼食を取りに道の駅を訪れた。佐々木さんは「普段からそばを食べに来たり買い物したりと月に1、2回は利用している。生まれて初めてこうした出来事に立ち会い驚いた」と話した。

(全文 307 文字 / 残り 94 文字)