ハピネッツ保岡が3人制日本代表に アジアカップ、五輪にも期待

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
保岡龍斗選手
保岡龍斗選手

 日本バスケットボール協会は22日、3人制アジアカップの日本代表を発表し、男子で秋田ノーザンハピネッツ(NH)のガード保岡龍斗選手(24)が選ばれた。5人制を含め初の日本代表。3人制は来年の東京五輪の新種目で、五輪出場にも期待が懸かる。

 埼玉県出身の保岡選手は、江戸川大3年時の2016~17年シーズンに秋田NHに加入。外角シュートとしぶとい守備が持ち味で、18~19年シーズンは57試合に出場し1試合平均5・9点、1・4アシスト、3点シュート成功率31・1%だった。188センチ、87キロ。

(全文 401 文字 / 残り 155 文字)