菜の花まつり、鳥海山背に満開 連作障害で最後、28日まで

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
絶景が広がる菜の花まつり会場
絶景が広がる菜の花まつり会場

 連作障害により今年が最後となる「第10回鳥海高原菜の花まつり」が22日、由利本荘市矢島町の桃野地区で始まった。28日まで(イベント開催日は25、26日)。

 桃野地区は約7・5ヘクタールに菜の花が植えられ、眼前には鳥海山を望むことができる。初日は好天に恵まれ、残雪の鳥海山と青空、黄色い菜の花が見事に“共演”。訪れた人たちは足を止め、盛んにシャッターを切っていた。

(全文 544 文字 / 残り 362 文字)