ドローンで新事業を展開、県内企業 本業と相乗効果も

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ドローン販売や空撮事業について説明するくまがい印刷の熊谷専務
ドローン販売や空撮事業について説明するくまがい印刷の熊谷専務

 秋田県内で小型無人機ドローンを事業に生かす企業が目立ってきた。ドローンそのものを販売したり、空撮した画像や動画を販売したり。操縦の講習会を開いているところもある。

 チラシや名刺の印刷、カレンダー製作を手掛けるくまがい印刷(秋田市中通、熊谷正司社長)は3年前、スカイコンテンツ事業部を立ち上げ、ドローンの販売、空撮といった業務を行っている。

 「販売数は年々伸びている」と、インストラクターも務める熊谷健司専務は一定の手応えを感じている。建設業者や個人で購入するケースが多く、昨年の販売数は当初の2倍に増えた。ドローン操縦の講習会の依頼も、県外から舞い込む。

(全文 998 文字 / 残り 720 文字)