イージス・アショア:配備の前提(中)「不適」あり得たのか

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
防衛省が「適地調査」を始めた昨年10月29日、新屋演習場の状況を確認して歩く作業員ら=秋田市
防衛省が「適地調査」を始めた昨年10月29日、新屋演習場の状況を確認して歩く作業員ら=秋田市

 イージス・アショア(地上イージス)の配備計画に関して防衛省は、県側との会談や住民説明会のたび、さまざまな資料を持参する。その中に、繰り返し登場する一文がある。

 「仮に不適との結論に至れば、配置しないこともあり得ます」

 配備候補地の陸上自衛隊新屋演習場で昨年10月から行ってきた各種調査の結果によっては、配備を取りやめる可能性があるという意味だ。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

連載企画:イージス・アショア:第5部・配備の前提

同じジャンルのニュース