足のケアで豊かな人生を BLC例会で健康運動指導士が講演

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
フットケアの重要性を語る児玉さん
フットケアの重要性を語る児玉さん

 秋田魁新報社主催の第56期BLC(ベター・リビング・サークル)5月例会がこのほど、秋田市中通のイヤタカで開かれた。健康運動指導士の児玉美幸さん(56)=大潟村=が講演し、「足のケアを実践し、豊かな人生を楽しみましょう」と呼び掛けた。

 テーマは「あなたの足は大丈夫? ~これからの人生をもっと楽しむための足づくり」。児玉さんは爪をきれいにしたり、足裏のたこを取ったりしてフットケアをした後、足の指に力が入るようになった80代の女性の事例を紹介。「足の指を使わないと、かかとに体重がかかる。その状態で真っすぐに立とうとすると、膝を曲げ、骨盤を傾けなければならないため腰が痛くなる」と話し、足の状態が体の不調にどのように影響するかを説明した。

(全文 454 文字 / 残り 135 文字)