野呂田芳成氏が死去 89歳、元防衛庁長官

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 農林水産相や防衛庁長官を歴任した元衆院議員の野呂田芳成(のろた・ほうせい)氏が23日午後3時23分、ぼうこうがんのため都内の病院で死去した。89歳。秋田県能代市出身。葬儀は近親者のみで執り行い、後日、東京と本県でお別れの会を開く。日程は未定。

 遺族によると、野呂田氏は今月上旬に体調を崩し、入院していた。

(全文 520 文字 / 残り 367 文字)