県内、クマの出没相次ぐ 被害なし

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県内は23日、クマの出没が相次いだ。県警によると、被害は確認されていない。

 午後3時55分ごろ、大館市十二所字十二所町の民家の庭に体長約30センチの子グマがいるのを、民家に住む70代男性が目撃し110番した。大館署によると、市の依頼を受けた地元猟友会が約55分後に子グマを捕獲し、近くの山に逃がした。

(全文 222 文字 / 残り 69 文字)