児童ら田植え、田んぼアート楽しみ! 北秋田・内陸線沿線

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
観賞用稲の苗を手植えする児童ら
観賞用稲の苗を手植えする児童ら

 色とりどりの観賞用稲を植えて絵を浮かび上がらせる「田んぼアート」の苗植えが23日、秋田県北秋田市の秋田内陸線沿線の田んぼで行われた。地元の小学生や農家らが参加し、作業に汗を流した。見頃は7月上旬~9月上旬の予定。

 田んぼアートは車窓からの景観を向上させ、内陸線の利用に結び付ける狙い。県北秋田地域振興局や地元住民などが、8年前から実施している。本年度は北秋田、仙北両市の5カ所で行う。

(全文 442 文字 / 残り 249 文字)