イージス・アショア:配備の前提(下)「保安距離」の限界指摘も

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
ルーマニアの例を当てはめた地上イージス配置イメージ
ルーマニアの例を当てはめた地上イージス配置イメージ

 「保安距離、これが取れない場合、不適です」

 昨年8月27日、佐竹敬久知事は防衛省幹部との会談でこう発言した。

 イージス・アショア(地上イージス)の配備に対する「地元の理解」とは何を意味するのか。各種調査の結果はどのような基準で適否の判断につながるのか。さまざまなことが曖昧なままにされる中、佐竹知事が自らの判断基準として打ち出したのが「保安距離」だった。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

同じジャンルのニュース