「県民防災の日」を前に県庁で訓練 有事の連携、再確認

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
大地震が発生した想定で行われた県庁の訓練
大地震が発生した想定で行われた県庁の訓練

 「県民防災の日」に合わせた訓練が24日、秋田県庁で行われ、職員らが身を守るための行動、情報収集や関係機関との連携を確認した。

 日本海海域連動地震が発生し最大震度7を観測、本県沿岸に大津波警報が発令されたとの想定で実施。午前8時40分に地震を知らせる庁内放送が流れ、職員が一斉に机の下に身を隠した。

(全文 504 文字 / 残り 355 文字)