伝統の技で鮮やかに、手染めの浴衣反物ずらり 湯沢の呉服店

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
色鮮やかに染められた浴衣反物約200点が並ぶ店内
色鮮やかに染められた浴衣反物約200点が並ぶ店内

 秋田県湯沢市川連町の呉服店「美しいきもの 喜久屋」で手染めの浴衣反物の展示会が開かれている。伝統の技法で色鮮やかに染められた約200点を展示している。26日まで。

 型を使って布地に染料を擦りつけて柄を付ける「捺染(なっせん)」や、色を付ける部分に染料を注ぐようにして染める「注染(ちゅうせん)」といった技法でつくられた反物が主体。ナデシコやキク、ボタンなど、美しい花の模様があしらわれたものや、幾何学模様が施された斬新なものなどさまざまな反物が並ぶ。

(全文 312 文字 / 残り 86 文字)