「食と芸能大祭典」秋田市で開幕 前夜祭からグルメ堪能

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ラーメンなどのグルメを味わう家族連れ
ラーメンなどのグルメを味わう家族連れ

 秋田県内各地の伝統芸能やご当地グルメを集めた「これが秋田だ!食と芸能大祭典」(実行委員会主催)が24日夕、秋田市で開幕した。JR秋田駅前のアゴラ広場やエリアなかいちには屋台が登場し、郷土料理やB級グルメに舌鼓を打つ人でにぎわった。26日まで。25日からは広小路で伝統芸能パレードが行われ、「男鹿のナマハゲ」などが登場する。

 屋台は午後4時にスタートし、アゴラ広場にはきりたんぽ鍋や十文字ラーメン、横手やきそばなどの36店が出店。同8時ごろには家族連れや仕事帰りのグループでにぎわい、会話をしながら料理を味わったり、ビールで乾杯したりする姿が見られた。

 25、26日は午前10時から営業。伝統芸能パレードは、25日が午後6時から、26日は同3時から。

(全文 400 文字 / 残り 75 文字)