勇壮華麗、7行事大集結 「これ秋!」にぎわう【動画】

お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します
観客の前を勇壮に練り歩いた男鹿市の「男鹿のナマハゲ」=秋田市の広小路
観客の前を勇壮に練り歩いた男鹿市の「男鹿のナマハゲ」=秋田市の広小路

 秋田市中心市街地で開かれている「これが秋田だ!食と芸能大祭典」(実行委員会主催)は25日、広小路で「伝統芸能パレード」、アゴラ広場とJR秋田駅西口などでは演舞ステージが行われた。好天の下、大勢の人が繰り出してにぎわいを見せた。最終日の26日は午前10時から演舞ステージ、午後3時から伝統芸能パレードを行いフィナーレを迎える。

 伝統芸能パレードには、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に昨年登録された「男鹿のナマハゲ」(男鹿市)が初登場したほか、西馬音内盆踊り(羽後町)も初お目見えし、合わせて県内七つの行事が集結した。参加人数は総勢約550人。広小路に威勢の良い掛け声やおはやしが響き渡り、観客は勇壮で華麗な祭りの共演を楽しんだ。

 パレードは午後6時すぎに木内前をスタート。ナマハゲや西馬音内盆踊りが近づいてくると観客が沸いた。

(全文 598 文字 / 残り 227 文字)

同じキーワードのイベント情報