職人通し秋田の魅力発信 仙北市の女性がフリーペーパー発行

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
県内の職人を紹介するフリーペーパー「いま、秋田村から」を発行した今村さん
県内の職人を紹介するフリーペーパー「いま、秋田村から」を発行した今村さん

 夫の転勤で愛媛県から昨夏秋田県仙北市に移住した同市角館町の問屋業今村香織さん(39)=茨城県出身=が、県内の職人を紹介するフリーペーパー「いま、秋田村から」(B5判、8ページ)を発行している。500部刷ったが、引き合いも多く好評。今村さんは「秋田は手仕事の歴史があり、全体的に質が高くて層が厚い。まるで宝探しのような感覚でわくわくしている」と話す。

 昨年12月に発刊した第1号では、同市田沢湖生保内地区で活動するくるみ籠職人の藤沢柳市さんを紹介。今年4月に出した第2号は、秋田市八橋地区の土人形「八橋人形」を取り上げ、存続に取り組む八橋人形伝承の会の梅津秀会長にスポットを当てた。

 今村さんは、愛媛と本県の職人が手仕事で作った品を首都圏などに卸す「Now village(ナウビレッジ)」を経営。「手仕事には地域の文化や風土、人の営みが含まれる。秋田の暮らしの素晴らしさを伝えたい」と刊行の趣旨を説明する。

(全文 1089 文字 / 残り 685 文字)