農業と観光を楽しむ旅を 仙北市とJR企画、23人が苗植え

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
専用農園でトウモロコシの苗を植えるツアーの参加者たち
専用農園でトウモロコシの苗を植えるツアーの参加者たち

 秋田県仙北市とJR秋田支社が共同企画する農業体験ツアー「五感楽農(ごかんらくのう)」が25日、同市で始まった。滞在型観光の促進に取り組む両者は、今回の事業2年目のスタートに合わせ、同市角館町西田の私有地の一角に専用農園を開設。秋田新幹線こまちで訪れた首都圏の男女23人が、野菜の苗植えを体験した。一行はきょう26日まで同市に滞在する。

 ツアーは首都圏からこまちで同市を訪れ、農家民宿などに1泊2日で滞在しながら農作業を体験し、観光地にも足を運んでもらう内容。農業を入り口に移住につなげる狙いもある。1年目の昨年度は延べ約100人が参加した。

 市と同支社は今月、滞在型観光の促進に向けてDMO(観光地域づくり推進法人)候補法人の田沢湖・角館観光協会と3者で「観光まちづくり」に関する連携協定を締結。ツアーもその一環と位置付け、約3アールの専用農園を設けた。普段は周辺で野菜を栽培する大曲支援学校せんぼく校の生徒たちが管理している。

(全文 762 文字 / 残り 347 文字)