子どもたちが搬送や献血に挑戦 秋田市で“日赤の仕事”体験

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
けが人に見立てた人形を担架で運ぶ参加者
けが人に見立てた人形を担架で運ぶ参加者

 子どもたちが日本赤十字社の仕事を体験するイベント「赤十字キッズタウン」が26日、秋田市上北手の日赤秋田看護大・秋田短大で開かれた。小学生や園児が保護者と一緒に参加し、病院での治療やけがの手当ての方法などを学んだ。

 命を守る活動に理解を深めてもらおうと、日赤県支部が2012年から毎年開催。同支部や秋田赤十字病院、赤十字血液センターなど6団体が体験コーナーを開設した。

(全文 417 文字 / 残り 233 文字)