異形のブナ「あがりこ大王」に感動 獅子ケ鼻湿原で森開き

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
巨大な異形ブナ「あがりこ大王」を観察する参加者
巨大な異形ブナ「あがりこ大王」を観察する参加者

 秋田県にかほ市象潟町の鳥海山麓に広がる中島台レクリエーションの森で26日、「中島台・獅子ケ鼻湿原森開き」が行われた。市内外から36人が参加。新緑が生い茂る中を、市観光案内人のガイドで歩いた。市観光協会の主催。

 入り口の管理棟前で関係者がテープカットを行い、観光シーズンの到来を祝った。その後、参加者は木道が整備された森の中に入り、幹回り7・62メートルの異形ブナ「あがりこ大王」や鳥海マリモが群生する獅子ケ鼻湿原を目指して、5キロの道のりを歩いた。

(全文 459 文字 / 残り 234 文字)