芸人・せじもさんが初参加 「草木谷」で酒米手植え交流会

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
子どもたちと一緒に田植えに取り組む「ねじ」のせじもさん(中央)
子どもたちと一緒に田植えに取り組む「ねじ」のせじもさん(中央)

 農業指導者・石川理紀之助(1845~1915年)ゆかりの地、秋田県潟上市昭和豊川の通称「草木谷(くさきだに)」の田んぼで26日、酒造好適米「秋田酒こまち」の田植え交流会が開かれた。市内外の小中学生や高校生、地域住民ら約100人が参加。同市出身のお笑いコンビ「ねじ」のせじもさん(34)=本名・瀬下翔太=も初参加し、市民や子どもたちと交流しながら作業に汗を流した。

 一帯は「農聖」とも称された理紀之助が貧農救済のため農業経営を実践した場として知られる。里山や八郎湖の環境保全に取り組むNPO法人「草木谷を守る会」が地域資源の大切さを知ってもらおうと2009年から酒米栽培と日本酒造りに取り組んでいる。

(全文 768 文字 / 残り 468 文字)