金足農高で恒例の田植え 1年生「水が冷たい」

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
一株一株丁寧に苗を植える金足農の生徒
一株一株丁寧に苗を植える金足農の生徒

 秋田市の金足農業高校(渡辺勉校長、517人)で28日、恒例の田植えが行われた。1年生175人が雨の中、泥まみれになってあきたこまちの苗を手植えした。

 田植え作業を通じ、自然の恵みに感謝する豊かな心を育んでもらおうと毎年実施。生徒は「真っすぐ植えられているかな」「水が冷たい」などと話し、実習用の田んぼ23アールに苗を一株一株丁寧に植え付けた。泥に足を取られそうになりながら作業を進めた。

(全文 314 文字 / 残り 120 文字)