琴ノ若が10組目の親子関取に 名古屋場所の新十両

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
琴鎌谷改め琴ノ若
琴鎌谷改め琴ノ若

 日本相撲協会は29日、東京・両国国技館で大相撲名古屋場所(7月7日初日)の番付編成会議を開き、琴鎌谷改め琴ノ若(21)=千葉県出身、佐渡ケ嶽部屋=ら4人の新十両昇進を決めた。

 琴鎌谷の父は師匠の佐渡ケ嶽親方(元関脇琴ノ若)で、史上10組目の親子関取が誕生した。

 日大出身の木崎海(24)=沖縄県出身、木瀬部屋=は十両美ノ海の弟で、史上21組目の兄弟関取となった。新弟子検査の年齢制限を25歳未満に緩和した新規定の適用第1号の一山本(25)=北海道出身、二所ノ関部屋=と元中学横綱の竜虎(20)=熊本県出身、尾上部屋=も新十両。