東京五輪の大会公式商品に 仙北・冨岡商店の樺細工ブローチ

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
東京五輪エンブレムをデザインした樺細工のブローチ
東京五輪エンブレムをデザインした樺細工のブローチ

 来年開催の東京五輪・パラリンピックの大会公式商品として、秋田県の樺(かば)細工のブローチが30日に発売される。大会エンブレムをデザインに取り入れた。全国の工芸品を公式ライセンス商品にする「伝統工芸品コレクション」の第2弾。福島など6都府県の19商品も販売される。

 樺細工のブローチは仙北市角館町の冨岡商店が制作し、直径3・5センチの円形。青い五輪エンブレムと、赤いパラリンピックエンブレムの2種類あり、価格はいずれも3780円(税込み)。

 大会をきっかけに日本を訪れた世界中の人たちに、樺細工や本県について知ってもらいたいと考えたという。

(全文 621 文字 / 残り 351 文字)