「食べて勝つ!」相手の特産品給食に チャレンジデーで三種

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
チャレンジデーの特別メニューを味わう森岳小の児童
チャレンジデーの特別メニューを味わう森岳小の児童

 自治体間で住民のスポーツ参加率を競うチャレンジデーの29日、秋田県三種町の小中学校全9校の給食に、町が今年対戦した徳島県三好市の特産品のゆずを使った特別メニューが登場した。相手を食べて勝つという験担ぎの意味を込めた毎年の恒例行事。

 特別メニューは、ゆずポン酢のドレッシングで味付けした海藻サラダ。子どもたちは山菜うどんやちくわの磯辺揚げ、コッペパンと一緒に味わった。

(全文 356 文字 / 残り 172 文字)