佐竹知事、菅官房長官と面会 イージス配備強行せぬよう要望

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 佐竹敬久知事は31日、首相官邸で菅義偉官房長官に面会し、防衛省が迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」(地上イージス)の配備地として秋田市の陸上自衛隊新屋演習場を「適地」と判断したことに関し、周辺住民に丁寧に説明することに加え、地元の理解がないまま配備を強行しないよう求めた。

 面会は非公開で行われた。佐竹知事によると、菅官房長官は要望について「分かった。(防衛省に)指示する」などと話したという。

(全文 395 文字 / 残り 193 文字)

秋田魁新報社電子版|企画・特集