秋田工、能代4強 高校軟式野球春季県大会

お気に入りに登録

 第64回県高校軟式野球春季大会は1日、能代市の能代球場(山田久志サブマリンスタジアム)で開幕した。1回戦2試合を行い、秋田工と能代が準決勝に駒を進めた。

 秋田工―本荘は、秋田工が同点の九回、死球を足掛かりに、瀬下の左前適時打、細井の三塁打などで4点を奪った。佐藤諒は10奪三振の力投。本荘は失策でリズムを失い失点を重ねてしまった。

(全文 325 文字 / 残り 159 文字)