650人がパレード、餅引き伸ばし勝負 北秋田市【動画】

お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します
協力して餅を引き伸ばす参加者
協力して餅を引き伸ばす参加者

 北秋田市の「ふるさと踊りと餅っこまつり」が2日、JR鷹ノ巣駅前の商店街を歩行者天国にして開かれた。約650人が参加した踊りのパレードや餅の引き伸ばし競争など多彩な催しが行われ、大勢の市民らでにぎわった。

 メインイベントのふるさと踊りのパレードは、色とりどりの着物やはんてんに身を包んだ参加者が「たかのす新音頭」と「お米ありがとう音頭」に合わせ、かさやうちわを手に軽快な踊りを披露した。ごう音を響かせる綴子大太鼓や、市のふるさと大使でサンリオ(東京)の人気キャラクター「ハローキティ」も登場し、パレードを盛り上げた。

(全文 489 文字 / 残り 231 文字)