由利本荘で「フォークチャンポリー」 野外演奏、街を熱く

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
熱唱するKAZさん
熱唱するKAZさん

 音楽イベント「フォークチャンポリー」が1、2の両日、秋田県由利本荘市で開かれた。県内外からアマチュアミュージシャンら延べ49組が出演し、街頭など野外でオリジナル楽曲を披露した。

 市民有志でつくる実行委員会(和田よういち代表)の主催。「チャンポリー」とは、ごちゃ混ぜにするという意味の「チャンポン」と、ボーイスカウトの野営大会「ジャンボリー」を組み合わせた造語。さまざまな人や音楽がまじり合う空間を目指し、和田代表(64)が名付けた。今年で4回目となり、これまで延べ約50組のミュージシャンらが出演してきた。

(全文 598 文字 / 残り 344 文字)