ABS新社屋、駅前に完成 「気軽に立ち寄って」【動画】

お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します
新社屋の竣工を祝い行われた神事
新社屋の竣工を祝い行われた神事

 秋田放送(ABS、立田聡社長)の新社屋が秋田市のJR秋田駅西口に完成し、竣工(しゅんこう)式が3日、現地で行われた。関係者約40人が出席し完成を祝った。新社屋は公開放送やイベント開催を通じ駅周辺のにぎわい創出も担う。放送設備の工事などを経て来年3月中旬の放送開始を予定している。

 新社屋は鉄骨造り3階建てで延べ床面積4963平方メートル。清水建設が設計や施工を担当し、昨年3月に着工した。

 コンセプトは「地域に貢献し、気軽に立ち寄れる放送局」。エントランスの壁や天井の一部に秋田杉を使って秋田らしさを演出したほか、番組のPRなどをする大型マルチスクリーン(165インチ相当)を設置する予定。

(全文 651 文字 / 残り 355 文字)

秋田魁新報社電子版|特集・連載

秋田の最新ニュース