温泉敷地にクマ、被害はなし 県内で目撃相次ぐ

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ツキノワグマ(資料写真)
ツキノワグマ(資料写真)

 秋田県内は3日、クマの目撃が相次いだ。被害は確認されていない。

 午前11時35分ごろ、五城目町内川浅見内字後田の温泉施設敷地にクマ1頭がいるのを、近くで作業していた60代の男性従業員が見つけ、五城目署に通報した。同署によると、クマは体長約1メートルで、男性の通報中に姿を消した。

(全文 290 文字 / 残り 150 文字)