穂積市長「2、3年ぐらい」 イージス配備、年内判断見送り

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
穂積志・秋田市長
穂積志・秋田市長

 迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」(地上イージス)を秋田市の陸上自衛隊新屋演習場に配備する計画を巡り、穂積志秋田市長は3日の定例会見で、回答の判断に「しばらく時間がかかる。2年、3年ぐらいかかる」と述べ、任期中に配備の是非を明言しない可能性を示唆した。

 穂積市長の任期満了日は2021年4月11日。判断を下す時期について、「国の言う『地元の理解』を深めるためには(判断までの)時間の幅は長い」と説明。市長として是非をいつ口にするのかは明確にしなかった。

(全文 610 文字 / 残り 379 文字)

秋田の最新ニュース