中泉氏と寺田氏、一騎打ちの見通し 参院選、両陣営が活発化

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
集会で来場者と握手する寺田氏(左)。街頭演説で聴衆と握手する中泉氏(右)
集会で来場者と握手する寺田氏(左)。街頭演説で聴衆と握手する中泉氏(右)

 7月4日公示、21日投開票が有力視される参院選の公示まで1カ月となった。秋田県選挙区では先月末、共産党新人が立候補を取り下げ、野党候補が一本化。自民党現職の中泉松司氏(40)と、無所属新人の寺田静氏(44)の一騎打ちとなる見通しだ。選挙戦の構図が事実上固まり、両候補の陣営は動きを活発化させている。

 寺田氏の夫は衆院議員の学氏(無所属、比例東北)で、義父は元県知事の典城氏。中泉氏は「秋田では大きなブランド」と知名度の高さを警戒。一方で「政策を擦り合わせても、主義主張の隔たりはあると思う」と指摘し、候補者一本化の動きをけん制する。

 寺田氏を擁立した立民、国民、社民の3党県組織などでつくる政治団体「あきたの笑顔をつくる会」は、政党色を薄め、無所属候補として幅広く支持を集める戦略を描く。選挙期間も含め、各政党幹部の応援を求めない方針だ。

(全文 845 文字 / 残り 475 文字)