産地偽装の秋田十條化成を行政指導 秋田県

お気に入りに登録

 秋田市新屋鳥木町の秋田十條化成(手塚弘淳社長)が県外産のマイタケを自社産と偽って転売していた問題で、県は3日、食品表示法に基づき行政指導し、表示の是正と再発防止を指示した。

 県県民生活課によると、同社は少なくとも2015年12月30日から18年1月26日までの間に、群馬産や産地不明のマイタケ計418・2キロを秋田産と表示し販売した。マイタケは県外の業者や秋田市内のスーパーから購入。包装を外し、県内のホテルや飲食店など93軒に出荷した。小売店には出荷していない。

(全文 481 文字 / 残り 248 文字)