格闘家・桜庭さんが大会PR 知事を表敬訪問【動画】

お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します
新格闘技のクインテットをPRする桜庭さん
新格闘技のクインテットをPRする桜庭さん

 秋田県潟上市昭和出身の格闘家桜庭和志さん(49)が4日、県庁を訪れ、自身がプロデュースした寝技中心の格闘技大会「QUINTET(クインテット)」をPRした。「外国で人気があって、小さい選手でも大きい選手を倒せる」と魅力を語った。

 秋田商高から中央大に進んだ桜庭さんは、92年にプロレスラーとしてデビューし、97年から総合格闘技へ舞台を移した。創造性豊かな戦いぶりから「IQレスラー」と呼ばれ、強敵を次々撃破して人気を得た。昨年4月に立ち上げたクインテットは絞め技、関節技のみで戦い、打撃は禁止。総体重430キロ以下の5人が対戦する団体戦で争う。

(全文 463 文字 / 残り 190 文字)