全県高校総体 バスケ男子・能代工、女子は湯沢翔北制す

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
【バスケットボール女子決勝・湯沢翔北―大曲】第1クオーター、湯沢翔北の近藤がシュートを決め、25―14とする=増田体育館
【バスケットボール女子決勝・湯沢翔北―大曲】第1クオーター、湯沢翔北の近藤がシュートを決め、25―14とする=増田体育館

 第65回秋田県高校総合体育大会(全県高校総体)最終日は4日、各地で7競技を行った。

 バスケットボールは男子の能代工が3年連続55度目、女子の湯沢翔北が9年連続19度目の栄冠に輝いた。ラグビーは秋田工が2年ぶり43度目の優勝を果たした。

(全文 118 文字 / 残り 0 文字)