時代を語る・尾形荘二(24)五十嵐は大場の再来

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
五十嵐の世界王座奪取を報じる秋田魁新報=平成24年7月17日付
五十嵐の世界王座奪取を報じる秋田魁新報=平成24年7月17日付

 五十嵐俊幸(由利本荘市出身)は西目高校から東京農大に進んだの。彼は当時、アテネ五輪(2004年)を目指していた。俺は彼をもっと強くしてやりたいと思って、晩ご飯に誘って「帝拳ジムでも練習してみないか」って言ったの。その前に浜田剛史(元世界スーパーライト級王者)に「真面目な子がいるから、ジムで面倒見てほしい」とお願いしておいたんだ。

 浜田のおかげで五十嵐は月1、2回、プロボクサーの練習に参加できるようになったの。そのかいあってか、大学2年と3年の時には全日本選手権で連覇したし、アテネ五輪にも唯一の日本代表として出場したの。あれはうれしかった。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 764 文字 / 残り 491 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース