「改ざんでは」増す疑念 イージスずさん調査

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
県議会の全員協議会。防衛省の幹部ら(手前)に対し、県議から厳しい指摘が相次いだ
県議会の全員協議会。防衛省の幹部ら(手前)に対し、県議から厳しい指摘が相次いだ

 地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の配備候補地の「適地調査」の報告書に、ずさんなデータの取り扱いが9カ所あった―。防衛省は5日、秋田県議会と秋田市議会で、代替地の検討に関連して事実と異なるデータを記載したことを謝罪した。調査の信頼性が揺らぐ事態に、野党だけでなく自民党の議員からも厳しい指摘が相次いだ。

 「データに誤りがあった。大変申し訳ございませんでした」。5日午前、県議会棟大会議室で開かれた全員協議会。防衛省の深澤雅貴官房審議官は、県議を前に頭を下げた。

(全文 1056 文字 / 残り 820 文字)